老化とアンチエイジングサプリメントの関係性

老化とアンチエイジングサプリメントの関係性

老化とアンチエイジングサプリメントの関係性

先祖のお墓参りをしたときに、自分も老化していくんだ、若くないんだって気持ちが強くなりました。

 

それから若返るためにどうすればいいのか?について考えるようになりました。

 

アンチエイジングサプリメントを調べ始めたのも、その頃からです。

 

故郷を車で12時間くらい移動したときのこと。

 

肌の色の異変に気づいたのは、旅行から帰宅後のことでした。

 

ブラジャーのホックのあたりに、かゆみを伴う赤いぶつぶつとした湿疹ができていたのです。

 

それから肌荒れや、疲れも感じやすくなっていることに気づきました。

 

いよいよ老化がはじまったか、と思いました。

 

初めは下着がきつくなっただけじゃないかと思いたかったのですが、2火後にはピリピリするような痛みを感じました。

 

それが金曜日の夕方。

 

土日は病院がお休みでしょ。

 

皮膚科に行ったのは、月曜日になってからでした。

 

Hさんは結局、湿疹や老化の症状が出てから悩み、5ひごに病院を受信したとのこと。

 

診察の結果、加齢のよって、関節のヒアルロン酸の減少、肌の衰え、コエンザイムの不足など、健康や美容にも栄養を及ぼすような弱体化がありました。

 

医師からは、アンチエイジングのための早期治療が重要だと言われました。

 

「病院に行ったら、アンチエイジングサプリメントの服用をすすめられました。それでも若返らない場合は、美容整形もあるとのことでした」

 

手術に失敗すると、チクチクピリピリとした痛みが強くなっていくと注意されました。

 

プラセンタ注射も考えました。

 

でも背中から左半身の痛みが収まらず、神経痛の後遺症が残るかも知れないといわれました。

 

その後、1週間おきに、合計4回のプラセンタ注射を受けたHさん。

 

病院では、これ以上の治療は入院しないとできない、と言われてしまいました。

 

怖くなって、そこまではと思い、入院は断りました。

 

しかし、体が冷えたり、ホワイトフラッシュなどの更年期障害も現れてきました。

 

腹巻やカイロを使って自分なりに痛みが強くならないように気をつけていました。

 

ところが、Hさんの神経痛が改善することなく、痛みは背中全体に広がっていったのです。

 

10値に嬢続けている社交ダンスも中止することになったといいます。

 

そんな中、追い打ちをかけるように、左胸に痛みがでてきました。

 

体の中の細胞の衰えは顕著でした。

 

振り返ると、2度目の体調不良の時に、老化を疑って、アンチエイジングのサプリメントを摂取していればここまで悪化はしなかったはずだと今でも深く反省しています。

 

アンチエイジングサプリメントで老化から若返るサイトはこちら。